アスリートコース

普通科 アスリートコースの特長

アスリートコースは、硬式野球に特化したコースです。厳しい練習に打ち込む仲間と切磋琢磨し、「球道即人道」をモットーに優れた人間力の育成を図り、進路実現を目指します。週3日、午後を活用した本校独自の科目「スポーツ探究」を部活動に繋げて、「心・技・体」揃ったトップアスリートの育成に取り組んでいきます。

令和元年12月に完成した、硬式野球部寮「立志貫道館」です。
部活動を通しての人間形成を柱に、甲子園での全国制覇を志し、日々鍛錬の道を貫いてほしいとの思いを込めて命名されました。
食堂や浴室、監督室などがある管理棟と、4人部屋20室の宿泊棟の2棟で、生徒一人ひとりの夢が実現するようサポートしています。

平日はオーヴィジョンスタジアム下関を借りて練習しています。室内練習場も完備しています。

第二練習場も4月に完成しました。

平日はオーヴィジョンスタジアム下関を借りて練習しています

主な進路先

就職(県外)

㈱大崎水産
JFEスチール㈱西日本製鉄所
東北楽天ゴールデンイーグルス
西日本旅客鉄道㈱
㈱ブリヂストン久留米工場
三菱自動車工業㈱岡崎製作所

進学(専門学校等)

大原ビジネス公務員専門学校広島校
大原簿記専門学校神戸校
神戸医療福祉専門学校三田校

公務員

自衛隊(一般曹候補生)

進学(大学・短大)

大阪産業大学
大阪体育大学
関西国際大学
九州共立大学
九州国際大学
倉敷芸術科学大学
駒澤大学
城西大学
星槎道都大学
千葉商科大学
長崎国際大学
日本文理大学
広島文化学園大学
富士大学
流通科学大学

 

在校生インタビュー

野田 翔太郎さん(佐賀県小城市立牛津中学校出身)

中学生の時に、坂原監督とお話をさせていただいた際、坂原監督の勝ちに対する貪欲さに惹かれ、下関国際高校で甲子園を目指したいと思い、このコースを選びました。先輩方が作られた甲子園準優勝という記録を乗り越えるために、1日1日を無駄にせず頑張っています。
坂原監督のもとで野球がしたい、甲子園という舞台で下関国際高校の野球をして日本一を目指したいと強く望んで入学してきてくれる人が増えれば、チームはより一層強くなれると思います。下関国際高校で本気で日本一を目指したい人はぜひ来てください。

卒業生インタビュー ①下関国際高校でどのような経験をしましたか。 ②将来の目標を教えてください。

東北楽天イーグルス
古賀 康誠さん
令和4年度卒業(北九州市立高須中学校出身)

①私は硬式野球部に所属し、第104回全国高等学校野球選手権大会に出場しました。仲間と3年間一生懸命練習してきて、甲子園で準優勝できたことは私にとって一生の思い出です。
②私は将来、尊敬されるようなプロ野球選手になりたいと思っています。監督さんから学んだ3年間の経験をもとに、さらに成長して1軍で活躍できるような選手になりたいと思っています。

城西大学経営学部
賀谷 勇斗さん
令和4年度卒業(広島県呉市立白岳中学校出身)

①私は高校三年間、野球の技術はもちろん、人としても大きく成長させてもらいました。毎日の寮生活では、食事の摂り方や目上の人との接し方など、社会に出て大切なことをたくさん指導していただきました。
②この三年間で学んだことを活かし、下関国際高等学校のOBとしてのプライドを持ち続け、自分自身の目標であるプロ野球や社会人野球といった更に上のレベルで野球ができるように努力していきます。

駒澤大学法学部法律学科
仲井 慎さん
令和4年度卒業(兵庫県加西市立加西中学校出身)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①私は硬式野球部に所属していました。寮生活を共にして、厳しい練習を切磋琢磨して乗り越えた仲間と出会えたことを誇りに思います。
②高校でお世話になった監督さんや仲間に恩返しをしていくことです。