理事長挨拶

理事長 武 田 種 雄

夢なき者に 成功なし

現在は、社会構造や考え方が大きく転換している時期であり、先が読みにくく、変化の速度も極めて大きい、「変革の時代」だと言われています。
そして、新型コロナウィルスの世界的な感染拡大は、我々の思考を根幹から見直し生活の在り方を変える機会となりました。教育の分野では、オンライン授業や各種ディバイスの利活用によるICT教育の推進が加速しました。
この様な時代にどのように対応していけばよいのでしょうか。時代の流れに飲み込まれ、もがいていると、自分の位置が見えなくなり、好ましくない事態に巻き込まれる結果となるのではないでしょうか。
下関国際高校は、本年度からコース選択制により、大きく変わります。皆さんも変革の時代を追い風として是非、『夢』を持ち、そしてその『夢』を『成功』へと導いて欲しいと思います。

私の教育指針の基とする、明治維新の先駆けとなられた吉田松陰先生の「教え」があります。

夢なき者に理想なし、
理想なき者に計画なし、
計画なき者に実行なし、
実行なき者に成功なし。
故に、夢なき者に成功なし。

これは、『夢』の実現、『成功』に向けて、具体的に、そして段階的に示された「教え」だと思っています。
皆さんも『夢』を持つことで、『成功』に向かって「計画・実行」してください。期待しています。

本校は、生徒一人ひとりが大きく『夢』を抱き、『成功』に向けて主体的に取り組む力を身に付けるとともに、人格の完成を目指し社会の形成者として必要な資質・能力を備えた、心身ともに健康な生徒の育成に努めてまいります。