寄 付

 

学校寄付のお願い

寄 付

はじめに
 本校を取り巻く教育環境は、少子高齢化の中での生徒数の減少、授業料無償化の進行での特色ある学校づくり、生徒・保護者・地域への信頼確保、地元下関市及び山口県の各種産業を支える人材育成と県内定住促進等、課題が山積し早急な対応が求められています。
 そこで、生徒の支援体制を一層堅固なものにするべく、学科、カリキュラムおよび教育制度の充実、ICT環境の整備などにも手掛けて参りたいと思います。つきましては、これら教育体制の充実に対する財源の確保は、学園の自主努力によるところはもちろんですが、合わせて、皆様方からの温かいご支援を賜りたく、ここにご寄付のお願いを申し上げる次第でございます。

募集要項

1 目標額
  1億円

2 使途
  学校法人下関学園 下関国際高等学校における教育、研究活動、生徒活動の充実

3 期間
  2019年6月1日~2024年5月29日

4 金額
  1口5千円からと考えておりますが、口数、金額に関わらずお受けいたします。
  継続的なご寄付を申し込むことも可能です。

5 お申込方法
  本学所定の「払込用紙(兼寄付申込書)」に必要事項をご記入の上、下記金融機関に
てお振込みください。「払込用紙(兼寄付申込書)」がない場合は、法人事務局寄付金担
当までご連絡ください。なお、下記の金融機関の本支店をご利用いただければ、振込手
数料は無料です。

   ①郵便局 ②ゆうちょ銀行
 
6 寄付金に対する税制上の優遇措置
  本校は所轄庁より寄付金募集について特定公益増進法人の証明書の交付を受け
ています。本校に寄付をいただきましたら、以下の基準により個人または法人の所得か
ら控除され、税法上の優遇措置を受けることが出来ます。

①個人様の場合
年内(1~12月)に寄付していただいた金額が2千円を超える場合、寄付者ご自身が確
定申告の際、本学発行の「寄付金受領書」及び「特定公益増進法人であることの証明書
(写)」を所轄の税務署へ提出することにより所得税の控除を受けることができます。

②企業・法人様の場合
一般寄付金の損金算入限度額と別枠で、損金算入することができます。損金算入は本学
発行の「寄付金受領書」及び「特定公益増進法人であることの証明書(写)」によって
法人税減免の手続きをすることができます。
【特定公益増進法人への寄付に係る損金算入限度額】=(資本等の金額×0.375%+当該年度所得×6.25%)×1/2

7 その他
  ご寄付いただいた皆様のご芳名は、本学ホームページに掲載させていただきます。(ご了解をいただいた方のみ)
なお、皆様の個人情報につきましては、法令どおり厳正に取り扱い、寄付金業務以外には使用いたしません。

8 ご連絡・お問合せ先
   学校法人下関学園 下関国際高等学校
   〒751-0862 下関市大字伊倉字四方山7番地
   TEL: 083-256-2321   FAX: 083-257-2907
   E-mail: info@shiboyama.ac.jp