学校沿革

昭和39年3月学校法人下関学園認可。岡崎 英夫理事長 就任。
昭和39年6月下関電子工業高等学校設置認可。下関市壇之浦(下関電波専門学校)において、校長 櫛田 薫、全日制課程電子科定員300名で開校。
昭和40年4月下関市大字伊倉字四方山7番地に移転。
昭和42年4月下関高等学校と校名を変更。自動車科・女子経済科を増設。
昭和47年3月女子経済科募集停止。
昭和47年4月普通科を増設。
昭和54年4月付属幼稚園設置。
平成元年4月電子科、自動車科を統合して電子機械科に改編。
平成元年6月創立25周年記念式典。
平成5年4月下関国際高等学校と校名を変更。
平成10年4月普通科にBコ-ス(ハングル・中国語会話コ-ス)設置。
平成18年4月通信制課程(単位制 普通科)設置。女子経済科を廃止。中国語会話コ-ス募集停止。
平成25年4月電子機械科電子情報コースを電子機械科電子機械コースに変更。
平成26年11月創立50周年記念式典
平成27年4月電子機械科電子機械コースを電子機械科機械コースに、電子機械科自動車工学コースを電子機械科自動車コースに変更。
九州国際大学と高大連携協定を締結。

掲載画像は肖像権・著作権で保護されています。 Copyrighted Image